神前式は日本人が一番似合う結婚式スタイル

会場の選び方

東京には神前式が出来る神社の会場がたくさんあります。規模が大きいところもあればこじんまりとしているところもあります。また、それぞれの神社で雰囲気が全く異なりますので、東京で神前式をする場合には十分会場をチェックしておくようにしましょう。

神前式というのは意外と安い費用で挙式を行なうことができます。相場としては5~15万円と言われていますが、その金額にはどこまで料金が含まれているのか?ということも見ておきましょう。オプションで写真追加、お色直し、参列者の衣装レンタル…などがあります。また、和装の種類によっても追加料金が発生する場合があります。
さらに、雅楽の生演奏の有無、巫女舞の有無、参列者の人数、衣装の持ち込みができるか、控室はあるか…というような部分も見ておく必要があるでしょう。
雰囲気だけで決めてしまうと自分も参列者もしんどい思いをしてしまう恐れがありますので、十分慎重になって決めていきましょう。
規模が大きい神社であれば多くの参列者に来てもらうことができますし、一般の方にも披露することができます。しかし、観光客が多い神社となれば厳かな雰囲気が賑やかな雰囲気になってしまう可能性があります。

また、神社にも繁忙期というのがあります。
東京の神社では3月前後、9月下旬から11月中頃が最も挙式カップルが多いようです。また、神社ということで七五三シーズンは予約が取りにくいです。そのため、できるだけ七五三前後は避けることをおすすめします。